スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2011.05.19 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク

おくりびとを見る

 アカデミー賞の中継をたまたま仕事が休みで、Liveで見れたあの歴史的瞬間の日

あらためて自分は日本人だなぁと感じたのです、やっぱうれしいよねぇ

そいで、おくりびと見に行ってまいりました。
月並みな感想で申し訳ないけど、とにかく良い映画でしたねー
良い映画とシンプルに言えるのってそんなに無いと思います。

しつこい位既出してますけど、主演の本木君(友達?)が原作に出会ってから15年をえて出来たこの映画。
勿論その時本木さんが(さんにしてみた)インドに行ったり、納棺夫日記を手に取らなければこの映画は生まれなかった訳だし、監督さんや、脚本家、出演者に恵まれて、きっと配給会社にも

全て良いタイミングで繋がって良い時に出来た映画なんだろうなぁって思える物でした。

だから賞を取らない訳が無いんだろうなぁって

改めて思うんですが、日々の生きる上での出来事はすべてすべてどこかに繋がっていて
色んなタイミングでそれはやって来て、いつかいつか何かが生れて

時間やタイミングは不思議で面白いですね

どこに行くのか分からないけど来るべきタイミングはグッと引き寄せたいと思ってはいるのですが


しかし納棺師の手さばきは美しいですねぇ、茶道みたいでした

映画は良いですねぇ、お次はこれを見たいです


2009.03.15 Sunday | 映画13:57comments(0) | - | by ninasinzu

スポンサーサイト


2011.05.19 Thursday | - | 13:57 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする