スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2011.05.19 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク

ネオテニーツアーへ行く

 絶賛公開中のネオテニージャパン展を見るべく、ninasはじめ秋のよそおいのMousaiちゃんとS氏一行は横手の秋田県立美術館へ出かけたのです。

今をときめく?現代美術の作品たちがたくさん、一堂に見れるのだから行かずにはいられない
現代アートとはなんぞや?なんてもやもや考える前に見るのが一番

入口を入ってすぐに秋田在住の村山留理子さんの作品たちが、毒々しい乙女には毒を
まじまじとパーツを見学、女子の目がハートになる

エスカレーターを登り本会場へ

30名の作家の作品がこれでもかこれでもか!と会場からもあふれて展示されていました

好き嫌いはもちろん好みですから出て来るわけで、一目見て心惹かれてドキドキしてワクワクする作品と、なんだこれ・・・うえー・・・と戸惑いを覚える作品から、何にも感じない作品までさまざま

山口晃さんの作品の中の良い男には目が離せないほどドキドキして、家に帰ってからも作品を検索して、四天王の美しさに惚れ惚れする始末

鴻池さんの乙女の心にヒットするふわふわと、キラキラと、ストーリー性に惹かれ(お母さんの作ったバックが可愛い!)

束芋さんの不条理な世界とじとじとしたセクシーさににんまりしたり



会場では、見た目でなんだこれ?意味分からんと思う作品も後あと考えてみれば、そんな風に思わせるのも一種のアートの力なのではないかしら?と考えたり

個人的に気になったのが、根本に日本風な雰囲気のある作品たちなのでは?と勝手に考察してみたりと、頭の中に刺激が入ってかなり面白かった

と言っても一番面白かったのが、入口側の外にいらっしゃいと飾ってある、木彫りの柴犬っぽい犬の作品に、無邪気に子供が乗ろうとして、受付嬢のおねえさんがあわてふためいて

「の・のらないでくださっい!」って言っていた場面(笑)

そりゃぁ子供にしたらそれが一体幾らするもんなのかなんて分かんないし、やっぱそこに四足が居たらえいやって乗りたくなるもんね。
そんなハプニングさえ面白いと思える展示でした

東北では秋田のみの開催です!どうぞご覧あれー

「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」
9月19日(土)ー11月29日(日)
無料公開日 敬老の日9月21日/文化の日11/3
開館時間 9:30am-5:00pm(入館は4:30pmまで)
会期中、休館日はありません

秋田県立近代美術館

ネオテニージャパン サポータープロジェクトでも情報日々更新中!




美しいっ!


2009.10.18 Sunday | 雑記22:53comments(0) | - | by ninasinzu

スポンサーサイト


2011.05.19 Thursday | - | 22:53 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする